異能グランドチャレンジ が発表されました

2019年10月30日に東京ミッドタウン日比谷 BASE Qにて開催された「OPEN異能(Inno)vation 2019」のレポがアスキーWEB版にて公開されました。記事内で「異能グランドチャレンジ」が発表されています。

参考 OPEN異能(Inno)vation 2019、令和初の授賞式が開催ASCII

異能vationネットワーク阿吽では、活動の一貫として「異能グランドチャレンジ」に挑戦することをスクールの目標としています。

異能グランドチャレンジとは

2019年度より異能vationネットワーク(旧 「プレ異能vation」スクール)と同時にスタートした課題解決型コンテスト。
協力協賛企業から提案される「動物の五感」「時空の四次元」を超えるようなユニークな課題に対し、独創的な技術で解決策を提示します。

2018年度までは「ジェネレーションアワード部門」と「破壊的な挑戦部門」しかありませんでした。
こちらは課題のテーマから自分で決めて応募するところが「異能グランドチャレンジ」と違います。

異能グランドチャレンジ課題一覧

2019年度の異能グランドチャレンジは以下の15個課題が発表されました。

課題名企業名懸賞金
ビジネスマンの未来を変える海外出張者に役立つアプリを開発株式会社IACEトラベル500万円
自動運転車両を活用した世界初のサービスの提案WILLER株式会社10万円
世界初のサービスに向けたカレースパイスの自動調合システムの開発株式会社HRK100万円
プログラミングのミライを創るプログラミング教育を円滑にする教育者向けコミュニティサービス株式会社エヌ・ティー・エス100万円
資本主義社会の歪みによって起っている問題を、人のつながりによって解決する事業の創造株式会社ガイアックス1,000万円
健康改善を目的にしたユーザビリティを各段に高め、今まで考えもつかなかった生体計測技術を開発サントリーホールディングス株式会社3,000万円
リアルタイムに全世界の医療情報わかる、世界初医療ニュースプラットフォームを開発学校法人純真学園1,000万円
ドローンによる鳥獣駆除株式会社シンクライン33万円
入力操作の制約を取り払う目の動きが分かる革新的なメガネを使って、目だけで文字入力チャレンジ株式会社ジンズ300万円
ゼロから考える「目の動きが分かるメガネを使った、モバイルデバイスのハンズフリー操作UI」コンテスト株式会社ジンズ300万円
まばたきや体の動きのデータから「XX」を検知できるようにするための、世界的にも類をみない研究スキームアイデアコンテスト株式会社ジンズ10万円×10企画
流れる水に“YES”を書く医療法人社団福祉会高須病院5,000万円
安全な「ながらスマホ利用」をサポートするアプリ・ハードを開発するチャレンジ日本エンタープライズ株式会社100万円
AIとエンタテインメントを組み合わせたスマートフォンによるヘルスチェック手法の開発チャレンジみらかホールディングス株式会社・株式会社カタリナ2社合同100万円
通勤、通学中に思わず聞きたくなってしまう今まで聞いたことのない音声(音楽は除く)Radiotalk株式会社10万円

課題に挑戦するためには

エントリーが開始されます。

異能vationグランドチャレンジがエントリー開始します